大学概要OVERVIEW OF THE UNIVERSITY

理事長あいさつ

学校法人 順正学園 九州保健福祉大学 理事長・総長加計 勇樹

皆様一人ひとりの夢を実現するために

九州保健福祉大学は、「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、社会に有為な人材を養成する。」という建学の理念のもとで、平成11年に宮崎県延岡市との公私協力方式により開学致しました。社会福祉学部・保健科学部の2学部6学科でスタートしましたが、その後マルチステージで活躍を目指す社会人を対象とした通信教育部並びに通信制大学院を平成14年に開設し、平成15年には質の高い薬剤師の育成を目指した薬学部を設置しました。さらに、平成27年には生命医科学部を開設し、血液成分分析や微生物検査などの各種検査を行う臨床検査技師と癌診断のスペシャリストである細胞検査士の両資格を有し、地域医療への貢献はもとより高度医療の担い手として活躍できる人材を養成しております。また、令和2年4月には、高度先進医療に通じた臨床工学技士を養成する臨床工学技士コースを生命医科学部の中に設けるとともに、公認心理師、社会福祉士、言語聴覚士、認定心理士などの資格を有し、臨床心理学の知識をベースとして、教育・福祉・医療などの多様な現場で活躍できる人材を養成する臨床心理学部を開設致しました。このように、本学はめまぐるしく変貌する我が国の多様なニーズに対応できる人材を養成するべく、常に教育内容の充実と拡充を図って参りました。

さらに本学は、開学当初より地域に根ざした大学づくりに努めており、地域に開かれた大学として公開講座、聴講制度、大学施設の開放、QOL研究機構を中心とした産学官共同研究など、地域社会の発展に繋げるべく様々な活動にも取り組んでおります。

順正学園ではブランドステートメントとして「学生の夢を叶える学園」を掲げております。夢は生きていく上での大きな力となります。九州保健福祉大学は、自らの夢を見出し、実現することを目指す皆様を全面的に支援してまいります。