連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程

より高見を目指す、通信制大学院

連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程

実践研究・臨床研究に、独創的な科学のメスを入れる。

連合社会福祉学研究科博士(後期)課程では、系列大学である吉備国際大学との連合により多岐にわたる「社会福祉の実践」について科学的な視野から分析を加えることによって、社会福祉のさまざまな臨床的場面でのより効果的な援助技術を確立していくことを目指し、より高度な教育・研究を推し進めていきます。
本課程へ進む院生には、修士課程で修得した社会福祉援助技術をさらに発展させながら、創造的・独創的な研究方法の開発にも取り組んでいただきたいと思います。

連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程 3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

社会福祉における諸問題を解明し、課題にこたえる研究能力、実践力を修得したものに学位を授与します。

  1. 専門職業人として高潔な倫理観を身につけていること
  2. 社会福祉の分野における知識を、幅広く、高度に身につけていること
  3. 福祉社会の諸問題に関する思考力、洞察力を有し、課題に対する高度な分析、研究方法を身につけていること
  4. 社会福祉学の諸問題に対し論理的かつ独創的な見識を有し実践する能力を身につけていること

カリキュラム・ポリシー

社会福祉における課題に対する問題解決能力や豊かな学識を得、現場での業務に必要な理論と実践的な研究能力の向上をめざした教育課程の編成を行っています。

アドミッション・ポリシー

福祉、医療、保健、教育、看護等にかかわる幅広い分野で活躍されている方を対象に、多様化、複雑化、深刻化する現代社会に応じた問題解決能力、実践力の修得をめざす意欲をもっている人を受け入れます。

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 学部・大学院・別科 > 大学院(通学制・通信制) > 連合社会福祉学研究科 博士(後期)課程