医療薬学研究科 医療薬学専攻 博士課程(4年制)

臨床現場において指導的立場に立てる薬剤師を養成する

レギュラトリーサイエンスの概念に基づき、医薬品の品質・安全性・有効性を確実に予測・評価・判断する能力を養う。

副学長(教育担当)
大学院医療薬学研究科長
薬理学第1講座教授

山本 隆一

順正学園の設置校である九州保健福祉大学は、「学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、社会に有為な人材を養成する」ことを建学の理念として教育・研究に取り組んでいます。本学の薬学部薬学科では、「薬学教育モデル・コアカリキュラム」を基盤とした教養教育、基礎薬学、医療薬学、実務実習の充実した教育課程に加え、独自に「予防薬学」「臨床薬学」の観点から薬剤師教育をおこなうことで、広く人の健康を考えることができ、生活習慣の改善や予防食品・予防栄養素等の知識を患者に提供することにより、「患者を中心とした医療」をサポートできる有能な薬剤師の養成をおこなってきました。しかし、本学の薬剤師教育をさらに推し進め、限りなく進歩する医療薬学の現場において指導的立場に立つことができる有能な薬剤師を養成するためには、最先端の研究を実施し新規性の高い学位論文を作成する大学院でのより高度な教育を通して、高い論理的思考能力を培う必要があります。近年、科学の発達を放置するのではなく、社会のために最適化していく学問、レギュラトリーサイエンスの概念が提唱されています。その概念に基づき、多岐にわたる学問領域の知識・情報を最適化して医療の場に提供できる能力を有し指導的立場に立てる医療人が求められています。本学大学院医療薬学研究科では、臨床現場において指導的立場に立てる医療人養成のための教育課程を編成いたしました。本研究科において、自らもつ能力を最大限に引き出し引き伸ばし、指導的立場に立てる有能な薬剤師となられることを期待します。

3つのポリシー

I. 卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

九州保健福祉大学大学院医療薬学研究科医療薬学専攻(以下、「本研究科」)では、本大学院の課程を修め、30単位の単位修得と学位論文等の条件を満たし、レギュラトリーサイエンスの概念に基づき、医薬品の品質、安全性、有効性を十分な科学的根拠により、予測、評価、判断できる能力を有し、これらの能力を総合的に活用することで、医療人として最善の職責を果たすことができ、臨床現場において指導的立場に立てるよう、下記の力を身につけた人に対して学位を授与します。

  1. 臨床現場における倫理観と問題解決能力
    臨床現場における倫理問題を患者、家族、生活者の人権や尊厳に配慮して自己解決し、人の命と健康な生活を守るために行動することができる。
  2. 医薬品の品質の予測、評価、判断能力
    医薬品の品質について科学的根拠に基づき予測、評価、判断できる。
  3. 医薬品の安全性の予測、評価、判断能力
    医薬品の安全性について科学的根拠に基づき予測、評価、判断できる。
  4. 薬品の有効性の予測、評価、判断能力
    医薬品の有効性について科学的根拠に基づき予測、評価、判断できる。
  5. 臨床現場における論理的思考能力
    臨床現場において論理的思考をもとにその能力を発揮し、指導的立場に立てる医療人として最善の職責を果たすことができる。

II. 教育課程編成の方針(カリキュラム・ポリシー)

本研究科は、建学の理念および卒業認定・学位授与の方針(ディプローマ・ポリシー)に掲げた目標を達成するために、次のような教育内容と方法を取り入れた授業を実施し、教育評価を行います。
各科目の修学習成果(DP)との関連性、カリキュラム体系・科目間の関連を示すために、カリキュラムの構成図を明示します。

1 教育内容

  1. 倫理観・問題解決能力の構築
    薬剤師としての臨床の場における倫理問題を自己解決できる倫理思考能力(DP-1)、さらに、薬学における研究方法に関する多角的な知識を習得することで臨床現場において発生した問題への対処能力(DP-5)を修得します。
  2. 品質の予測、評価、判断能力の構築
    医薬品の品質について、十分な科学的根拠に基づき予測、評価、判断する(DP-2)ための医薬品の特性や分析法に関する知識を修得します。
  3. 安全性の予測、評価、判断能力の構築
    医薬品の安全性について、十分な科学的根拠に基づき予測、評価、判断する(DP-3) ための医薬品の作用機序や公衆衛生に関する知識を修得します。
  4. 有効性の予測、評価、判断能力の構築
    医薬品の有効性について、十分な科学的根拠に基づき予測、評価、判断する(DP-4) ための医薬品の使用法や医薬品に対する身体の機能評価に関する知識を修得します。
  5. 論理的思考能力の構築
    特別研究および論文作成をとおして、薬剤師としての臨床現場における論理的思考能力(DP-5)を修得します。

2 教育方法

  1. 各科目はシラバス(一般目標、到達目標、評価方法、オフィスアワー、授業内容などを示したもの)記載の教育方法に沿って行います。
  2. 医薬品の「品質」、「安全性」、「有効性」に関する知識の総合的な活用能力の確認のために、段階を追ったプログラムを実施します。
  3. 特別研究および論文のテーマは、研究指導教員の指導の下、将来の進路に捉われることなく純粋な学術的興味に従い、さらに医薬品の「品質」、「安全性」、「有効性」の独立した3群の区分に捉われることなく、研究指導教員が取り組んできたこれまでの研究を参考にして討議を重ね決定します。

3 教育評価

  1. 学期末には、各科目の修得度を確認するために、シラバスに記載の評価方法に沿って合否を判定します。
  2. 修了時には、博士論文本審査および最終試験の合格を求めます。

III. 入学者選抜の方針(アドミッション・ポリシー)

本研究科では、卒業認定・学位授与の方針(DP)及び教育課程の編成・実施の方針(CP)に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能や能力、目的意識・意欲を備えた人を求めます。

  1. 薬学系専門知識(薬剤師国家試験問題程度)を身につけている。 (基礎学力試験)
  2. 「臨床現場において指導的立場に立てる有能な薬剤師」になりたいという強い意志・向学心を持つ。(小論文・面接)
  3. 豊かな人間性と医療人として高い資質を持つ。(小論文・面接)

出張講義

九州保健福祉大学では、出張講義を行っております。出張講義をご依頼の方はこちらからお問い合わせください。

詳細はこちら

学外進学説明会

進学に関する質問にお答えする説明会を各地で開催しています。お友達やご家族と、お気軽にご参加ください。

詳細はこちら

九州保健福祉大学 > 学部・大学院・別科 > 医療薬学研究科 医療薬学専攻 博士課程(4年制)