国家試験受験に向けて

国家試験日が近づいてきました.

ここまで頑張ってきた4年生は国家試験受験を目前に控え,日々勉強に励んでいます.

コロナやインフルエンザの同時流行が懸念されています.体調を崩さないよう気をつけてお過ごしください.

インターンシップ報告会

2022年度のインターンシップ報告会が、225講目第4教室で開催され、履修する1年生と2年生10名(臨床心理学科も含む)が、7箇所におい学んだ内容を報告しました。

この科目は、キャリア教育の一環として位置づけられていて、インターンシップ先の業務体験をとおして、学生自身がイメージする職業と現実とのギャップを補正し、あるいは自身の希望と合致した職業を見つけることを目的としています。社会福祉士実習等とは違い、専門性を身につけることを目的とせず、かつ福祉系以外の職場を実体験することにも意義があります。今回も高等学校やお菓子店での体験報告がありました。

報告会では、訪問先を選定した動機、目標、活動内容、考察や反省などをスライドにまとめて、一人ひとりパワーポイントを使用して報告しました。そしてすべての学生が、実体験の有効性と訪問先への感謝の意を述べていました。

聴講した教員からは「非常にハキハキと明確に報告されて、素晴らしかったです。特に発表者が1年生と言うことにおどろきました」と好評価がありました。

今回の体験は、必ず将来の就職に活かすことができるものと思いました。それとともに次年度以降も多くの学生が履修すべき科目だという感想をもちました。(文責 松原浩一郎)

介護福祉士の学力評価試験 第1位

公益社団法人 日本介護福祉士養成施設協会が主催する「令和4年度学力評価試験」が令和41125日(金)に本学で実施されました。

学力評価試験は、介護福祉士国家試験の出題基準に準じた125点満点の試験です。

全国の介護福祉士養成施設で同時期に実施されている試験になります。

 

その試験で、本学の日高怜奈さんが119点という高得点をとり第1位となりました!

また、本学の平均点においても全国養成校の中で第1位!

 

学生たちの頑張りにはいつも驚かされます。

この調子で、介護福祉士と社会福祉士の国家試験本番も落ち着いて受験してきてください。

 

4年生は学長のもとへ、報告に行きました。

https://www.phoenix.ac.jp/news/info/20221221/19156

 

(清水径子) 

社会福祉士の相談援助実習報告会

テーマ:「ソーシャルワークの専門性と理想のソーシャルワーカー像」

開催日:2022.11.29

今年8月から10月にかけて社会福祉士の現場実習を終えた学生は、事後指導の授業にて学びの振り返りを行っています。今回、各分野(高齢・障害・児童・社協・福祉事務所)で学んだことをグループでまとめ、報告会を行いました。テーマは、「ソーシャルワークの専門性と理想のソーシャルワーカー像」です。各分野ではカードワークにて個々の考えをまとめ、模造紙に表現しています。それを1グループ7分内で発表しました。

各分野の特徴と共通して必要とされるソーシャルワークの視点やスキルに気づいたようです。まさしく、スペシフィックからジェネラリストソーシャルワークへの学びです。理論と実践がようやく繋がりはじめています。

川﨑 順子

九保大 小学生お仕事体験フェア! いまこれ

11月23日に延岡市の小学生(1年生~6年生)を対象に、医療福祉分野に関わる仕事への興味・関心の向上と仕事の大切さへの理解を深めるきっかけづくりを目的として、「九州保健福祉大学 小学生お仕事体験フェア」が開催されました。

社会福祉学部 臨床福祉学科には、10名の小学生の応募がありました。2グループに分かれて「ソーシャルワーカーのお仕事体験」と「福祉用具の操作方法紹介や介護方法のミニ体験」を行いました。

ソーシャルワーカーのお仕事体験では、「九保相談支援センター」のソーシャルワーカーに変身して、相談に来た人の相談に応じる役割を演じてもらいました。「セリフ」を準備していましたが、とても上手にお話ができていました。また、相談に来た人はどんな人とつながりがあるのか小学生が「イラスト」を探しながら当てはめていきました。小学生の皆さんは、とても楽しそうに積極的に参加してくれました。

また機会がありましたら、是非来てくださいね。楽しみに待っています。

川﨑 順子

宮崎県精神保健福祉センターの見学研修

20221125日、精神保健福祉士を目指す学生とともに宮崎県精神保健福祉センターの見学研修に行ってきました。研修では、センターの見学や概要の説明を受けるとともに、所長である直野慶子先生に「日本の精神保健施策と宮崎県の現状」について、ご講話をいただきました。

参加した学生は、精神保健福祉センターの業務内容の多さに驚くとともに、宮崎県の自殺率の高さに改めて危機感を感じていました。

直野先生をはじめセンター職員の皆様、お忙しいなか貴重なご講義を誠にありがとうございました。

 臨床福祉学科 西田美香

宮崎県精神保健福祉大会に参加しました。

 令和41015日、精神保健福祉を学ぶ学生8名とともに第62回宮崎県精神保健福祉大会に参加しました。本大会は、県民の精神的健康の保持増進および精神保健福祉の普及啓発を図ることを目的に、毎年、開催されています。

 学生は、精神保健福祉事業功労者の表彰式に参列するとともに、ロンドン2012パラリンピックゴールボール金メダリスト浦田理恵氏の特別講演を拝聴し、精神保健福祉に対する学びを深めました。

 

臨床福祉学科4年 甲斐帆乃佳さんの感想(抜粋)

 当事者の方々が社会参加を行っていくためには、早めに支援機関に繋がり、生活する手段を得るのが大切ではあるが、当人の苦悩や葛藤から目を背けずに、まずは感情から支えることを支援者は意識しなければならないと感じた。また、周囲の支えも大切だと感じた。周囲の理解が乏しかったらストレスにもなる。しかし、逆に理解しようとしてくれる関わりがあったら、それだけで当事者の力に繋がる。家族教育は障がいを抱える方々の支援において大変、重要であることを理解することができた。

臨床福祉学科 西田美香

国家試験受験に向けて

受験生のみなさんは,国家試験受験に向け日々奮闘していると思います.

頑張りすぎて体調を崩さないように,疲れている時はいつも以上に体調管理が大切です.

食事と睡眠をしっかり摂って,各々の目標を目指してください.

みなさんに良い知らせが届くよう願っています.

学生都々逸(その1)

皆様は都々逸(どどいつ)というのをご存じですか?

7・7・7・5 の口語の定型詩で、江戸時代末期に成立したとされています。もともとは男女の恋仲などを詠った艶っぽいものが多かったのですが、現在では様々な題材が盛り込まれています。

 

古いものでは、

 

・恋し恋しと 鳴く蝉よりも 鳴かぬ蛍が 身を焦がす (作者不詳)

・惚れて通えば 千里も一里 逢えずに帰れば また千里 (作者不詳)

 

など。

 

新しいものでは、

 

 ・読みつくせない 蔵書の山を 読みあがくほど 無知を知る

 (ブログ『やわらか図書館学』様

https://yawatosho.hateblo.jp/entry/2019/07/29/222815 より)

 

・恋の花咲く ロマンの都 女ばかりに 気もそぞろ 夢もほころぶ 小意気なジルバ 君と銀座の キャフェテラス

      (サザンオールスターズの「東京シャッフル」)

 

など、J-POPの詞でもときどき用いられます。

 

私の「基礎演習」のオープニングは、社会人レベル漢字の書き取り(大学の授業なのに、と思わないでください。基礎演習の趣旨に照らし重要な取り組みなのです)をすると同時に、言葉のトレーニングや学生間のコミュニケーション増進を兼ねて、この都々逸を一つこしらえてもらっています。「お題」は漢字から各自が選んだり、時には統一テーマを決めたりもします。

 

幾つかここでご紹介しましょう。

・魚が好きな 私の願い 乱獲するの 止めてくれ

 (その通り!他の生物の命をいただいて私たちは生きる。大切にしないとね。)

 

・明日誕生日 起きるとそこに 包装された プレゼント

 (家族のぬくもりとお互いを思いやる気持ち、これは何ものにも代えがたいですね!)

 

・顔は似てるが 服の好みは みんなバラバラ 三姉妹

 (個性的なこと、多様性はすばらしい!)

 

・大学デビューで 彼女ができる 友の話も 僕には無縁

(まだあと3年以上あるぞ!頑張れ!)

 

・今まで大事に 育ててくれて 母があなたで よかったよ

(思わずウルウルしました。お母様を大切にね!)

 

家族や友だちの話題が多いですね。字余りもありますが、そこはご愛敬。ひとりひとり発表してもらった後で、しばしのコミュニケーションを楽しむ、というわけです。

 

授業のこんなひと時が、とても豊かに感じられたりする、大学の朝なのです。

 

第二弾もお楽しみに。

(登坂 学)

看護師を目指す学生さんと一緒に「福祉」について考えました!

2022727日から83日まで、四国医療専門学校の皆さんと一緒に、「福祉」について学ぶ機会をいただきました。いじめや過労死、出生前検査、精神障がい者の長期入院の問題など、福祉問題の現状を学ぶとともに、これから看護師としてできることを一緒に考えました。

一生懸命、課題に取り組む専門学校生の姿に元気と力をいただきました。学生の皆さん、長時間のスクーリング、お疲れさまでした。

臨床福祉学科 西田美香